居酒屋・焼き鳥のルーツ

居酒屋の人気メニューの定番に、焼き鳥があります。
ビールとの相性も、また日本酒との相性も抜群です。
渋谷の居酒屋でもお酒のお供に焼き鳥を楽しんでいる人が多いでしょう。

 

そんな焼き鳥はいつから、どのように食べられているのか、
そのルーツについて紹介したいと思います。

 

まず肉食文化の始まりは、明治維新の頃だと言われています。
今では、鶏肉は最も庶民的なお肉ですが、
明治の頃は牛肉よりも鶏肉の方が高く、高級料理とされていました。

 

そのため庶民の「やきとり屋」では、高級な鶏肉を使用する事が出来ずに、
ガラやスジ肉を使用し屋台で売られるようになります。

 

明治の40年頃になると、鶏肉の生産量も増え、
高級鶏肉から、庶民の鶏肉へ変化し始めます。

 

鶏肉の飼育農家は粗末な飼料で育ち、成長が早く耐病性が高い、
名古屋コーチンやレグホン種を飼うようになります。

 

天ぷらの屋台、おでんの屋台などと軒を並べて、焼き鳥の屋台も人気がありました。
戦後には食料不足で、やきとりは鶏肉が手に入らず、豚肉や牛肉が使用されていました。
しかし、この頃には、醤油と砂糖で作られた甘いタレの味付けで売られていました。
そして米軍の駐在によってブロイラーが普及し、鶏肉が庶民のお肉として定着します。

 

低価格で提供出来るようになり、お酒との相性もいい事で、
一気に大衆居酒屋で欠かせないメニューになったのです。

 

現在は新しい焼き鳥に変わりつつあります。
新しい焼き鳥とは、地鶏ブームの到来です。
地鶏に拘り、部位に拘り、焼き方や味付けに拘る。
そんな焼き鳥の美味しさがグレードアップした、
新焼き鳥を提供する居酒屋が増えているのです。

 

焼き鳥は長いルーツの中で、時代とともに変化していますが、
今後もお酒と相性抜群のおつまみとしての地位は揺るがないでしょう。