居酒屋の種類

何を基準にするかによって、居酒屋の種類は変わります。
一番オーソドックスな分類とは、ビジネススタイルによる分類でしょう。
居酒屋をビジネススタイルで分類すると、
個人居酒屋・特定料理居酒屋・チェーン店居酒屋の3つです。

 

個人居酒屋とは、赤提灯・縄のれん・一杯飲み屋など
昔ながらのいわゆる「おやじさん」や「おかみさん」が個人経営しており、
馴染みの客が夜の憩の場として毎日のように大勢集まって
情報交換に花を咲かせているのが一般的です。
住宅地の近くや駅周辺を立地にしているケースが多いのですが、
近頃では、常連客というよりもその街に集う人々を対象にした
アルコール飲料と料理を提供する若い経営者による街中店もつぎつぎと開店しているようです。

 

初めての人には入りにくいといった印象を与えますが、その心配はありません。
経営者だけではなく常連たちが温かく仲間として迎えてくれ、
楽しい時間を過ごすことができるのがこの個人居酒屋の特長なのです。

 

特定料理居酒屋という正式な呼び方があるわけではありませんが、
特定料理居酒屋とは、代表的には焼鳥屋・おでん屋・串焼き屋・お好み焼き屋などのように
通常は提供される料理名で呼ばれている店です。
そのことで居酒屋とは違う飲食業と思われがちですが、
沖縄料理居酒屋とか秋田料理居酒屋といった居酒屋同様、
酒よりも提供する料理で差別化を図った居酒屋と言えるでしょう。

 

チェーン店居酒屋は1970年代から本格的に出店され始めた居酒屋で、
建物から提供される料理までもともとの居酒屋とは大きく異なっています。
出店する街の雰囲気に馴染んだ外装・洒落た内装・幅広い年齢や女性を意識した飲み物や料理など、
古いスタイルの居酒屋しか知らない人にとっては信じられないほどの変化です。