沖縄の郷土料理

郷土料理は日本各地の地方に伝わっている料理のことです。
いくら地方とはいえ、同じ日本なのですからそこまで変わった料理はないだろうと考える人もいるかもしれません。
しかし、そのような期待を良い意味で裏切ってくれるのが沖縄の郷土料理です。
沖縄は本州と遠く離れており、独自の食文化を発展させてきました。
沖縄の郷土料理居酒屋も数多く見られ、最近では老若男女を問わず人気を集めています。
今回は、そんな沖縄の郷土料理の特徴について詳しく見ていきましょう。
沖縄の郷土料理は海外からの影響を色濃く受けているものが多々見られます。
大陸との交流が昔から盛んに行われていたため、中国料理に似た彩りが見られるのも特徴です。
沖縄のお菓子であるサーターアンダギーは、中国のお菓子とよく似ているのです。
沖縄では炒めた料理のことをチャンプルーといいますが、こうした料理に関しても少なからず中国の影響を受けているのです。
沖縄県独自の料理としてよく取り上げられるソーキソバは、そば粉を使うことなくラーメンに似た食感を持っています。
豚骨ベースのスープは旨味が浸みだしており、ツルツルとした食感の麺とよく絡むのです。
豚を使った料理では足ティビチというダイコンの豚肉の煮物も美味しいのでぜひ食べてみてください。
口の中で溶け出すまで煮込まれた豚肉は消化も良く、療養している最中にもよく出される郷土料理です。
ヒャージャー汁、いわゆるヤギ汁と呼ばれる料理は栄養満点です。
ただし、独特の臭みが苦手という人もいるのでご注意ください。

本州では見られないような沖縄料理を食べてみたいという人は、郷土料理居酒屋へ行ってみましょう。
創作和食がおすすめの居酒屋、お忍びダイニング たくみもおすすめですよ