居酒屋チェーン店の進化

飲食店のチェーン化はどの業界にも新たな風を吹き込みました。
それは居酒屋においても同様です。

 

居酒屋というジャンルのチェーン店が誕生したのは1950年代のことです。
そこからサービスの多角化が始まり、1980年代には続々と現在にも見られるチェーン店が誕生してきました。

 

そんなチェーン店は、個人経営のお店と比べてどのような進化を遂げてきたのでしょうか?
注目に値するのが、全国どこでも同じような品質と味を維持しているという点です。

 

メニューの作り方から素材の仕入れ先までをマニュアル化し、従業員はそれに従うことでクオリティをキープしたままおつまみやお酒を提供しています。
これによってお客側は安心感を得ることが出来ます。

 

初めての土地や普段行き慣れない場所で外食をするといったシチュエーションでは、食べ慣れた味のものが恋しくなりますよね。
そんなときチェーン店の居酒屋に出掛けると、いつもと同じ味を口にすることが可能なのです。

 

この安心感がリピーターを生み、チェーン店はさらに拡大を続けてきました。
しかし、個人経営のお店も黙っていません。

 

独自の調理方法や仕入れ先の開拓は、希少性という武器の獲得に繋がりました。
チェーン店では出せない味を支える食材へのこだわりは、近年再び注目を集めています。

 

これに対抗するかのように、チェーン店の中にも地域密着を掲げてオリジナルメニューの作成に勤しむ姿が見られます。
チェーン店の進化は昔ながらの居酒屋を駆逐するのではなく、両者がしのぎを削り合う環境を形成したといえます。
今度チェーン店の居酒屋を利用する際には、こうした歴史を感じながらお酒や料理をお楽しみください。

 

桜木町 居酒屋は個人的になかなかおすすめです。