ジンの歴史について

ジンとは、穀物を原料とした蒸留酒の事で、無力透明で香りのいいお酒として、世界中で愛されています。
では、そんなジンの歴史について紹介します。

 

ジンは1660年に、オランダの医師が薬用酒として、製造したのが始まりだと言われています。
解熱、利尿作用、消毒薬、麻酔薬などの効能があり、アルコール液にジュニパ−・ベリー(植物の実)を浸み込ませ、蒸留させて製造したもので、現在のジンとは別物です。
薬用酒でありながら、当時の他の雑味が多いお酒と比べると、爽やかな香りと味わう深い味に、薬用酒としてではなく、飲酒として、オランダで人気になりました。

 

その後、1689年には、イギリスのロンドンで、爆発的な人気となりました。
ジンと言えば、現在のような辛口のドライ・ジンをイメージする人も多いかもしれません。
ですが、当時のジンは、砂糖を加えて飲む、甘口が主流でした。

 

現在のジンの原形は、19世紀になると、蒸留酒の技術が進化し、イギリスでは連続式蒸留機で製造される新しいタイプのお酒として生まれ変わりました。
連続式蒸留機で大量生産する事が可能になり、生産量もジン発祥の地であるオランダを抜き、ロンドン・ドライジンがジンの主流となっていったのです。

 

そして、19世紀後半になると、ジンはアメリカでカクテルベースのお酒として、注目を浴びるようになります。
20世紀には、ドライマティーニが人気を集め、ジンは世界中で愛されるお酒になっていったのです。

 

ジンの語源は、最初オランダの医師が薬用酒として、ジュニエーブルと名付けました。
その後イギリスに渡った際に、ジュネヴァと呼ばれるようになり、それが短縮されてジンが定着しました。

 

ジンのカクテルが豊富なほのか ‐Honoka‐所沢店