ワインの歴史について

ワインは、数あるお酒の中でも、古い歴史を持つお酒の1つです。
では、ワインの歴史について紹介します。

 

ワインの起源は、ブドウの木からブドウの実が地面に落ち、ブドウの皮についていた自然酵母が醗酵した事が、ワインの原点だとされています。
では、偶然の産物ではなく、ワインを飲酒するために、製造を始めたのかいつ頃なのかというと、なんと紀元前4000年頃と言われています。

 

ワインと言えば、フランスやイタリアが有名ですが、発祥の地ではありません。
実はヨーロッパよりも前に、紀元前4000年頃のメソポタミアがワイン発祥の地なのです。

 

ただし当時のワインは、酸化がキツく、そのままでは飲みずらかったようで、水やハチミツを加えて飲むのが一般的でした。
その後、紀元前3100〜1500年頃、エジプトでもワインが製造されていた事が、ピラミッドの壁画によって記録されています。
紀元前1000年頃には、ワインはギリシアに伝わり、神から与えられた神聖な飲み物として、神話にも登場しています。

 

では、いつ頃ヨーロッパに伝わったのでしょうか?
ヨーロッパには、紀元前600年頃、フェニキア人によって南フランスへ、そしてローマ人によってヨーロッパ全土に伝わりました。
なぜこんなにも、ヨーロッパにワイン造りの文化が根づいたのかというと、ローマ帝国が拡大する際に、占領地区に葡萄畑とワイン造りを行ったからです。

 

日本にワインが伝わったのは遅く、室町時代の後期に、スペインやポルトガルから赤ワインが伝わったと文献に記録が残されています。
ですが、日本ではお米で造る日本酒の文化があったので、なかなか定着しませんでした。
そのため、ワイン製造されるようになったのは、明治になり、近代化が急速に進み、明治政府がワイン造りを推奨したからです。

 

立川 居酒屋でワインがおすすめのお店はこちら