北海道の地酒

農業が盛んな地域では、良いお酒に巡り合える確率が高くなります。
なぜかというと、収穫した農作物を保存する手段としてお酒が誕生し、発展を続けてきたという歴史があるからです。
日本を代表する農業地域である北海道においても、それは例外ではありません。
北海道旅行で居酒屋を訪れた際にはぜひ地酒を飲んでみてください。
今回は北海道の地酒の特色についてご紹介します。
北海道は稲作が盛んに行われており、優れた日本酒がたくさん造られています。
日本酒はお米と水と麹という3つの要素によって成り立っていますが、北海道ではお米だけでなく水も美味しいのが特徴です。
美味しい水で作られた日本酒は、淡麗な飲み口を演出し、お米の芳醇な香りを引き立てるのです。
釧路をはじめとした道東地方では、その周辺地域にしか出荷していない地酒もありますから、北海道を訪れた際にはぜひ飲んでみましょう。
お米作りに力を入れている北海道では、お米そのものの味を活かした純米酒が良く作られています。
純米酒というカテゴリにありながらも、銘柄によって味わいは全く異なるためぜひ地酒の飲み比べをしてみてください。
日本酒だけではなく、北海道ではウィスキーやワインといった洋酒作りが盛んです。
特に余市という街では、全国的に有名なワインとウィスキーの酒蔵が車で5分の位置に隣接しているのです。
こうした施設を巡るツアーも人気を集めていますし、周辺の居酒屋やレストランでは、ここで作られた地酒を堪能出来ます。
北海道の郷土料理を提供する居酒屋などでも北海道の地酒を飲むことが可能なので、皆さんもぜひご利用ください。

 

赤坂の綺麗な個室があるお店でも、様々な地方の地酒を扱っています。