北海道の郷土料理

最近では世界各地の料理や日本の郷土料理を提供するお店が増えてきました。
その地方にわざわざ行かなくても、そこへ旅行したような気分に浸らせてくれるのが郷土料理居酒屋の特徴です。
知ってはいるけれど実際にはあまり訪れたことのない土地として、
北海道を挙げられる方も多いのではないでしょうか?
北海道は料理が美味しいというイメージがありますが、郷土料理も要チェックです。
今回は、そんな北海道の郷土料理について詳しく見ていきましょう。
北海道では昔からニシンやシャケ、コンブといった魚介類が豊富に獲れ、それを活かした料理を食べてきました。
魚介類を保存するには、粕漬けや塩漬けにするのが一般的です。
漁に出られない日の多い冬などはこうした保存処理を施した魚を野菜と組み合わせた料理で生き抜いていました。
三平汁がそういった料理の代表といって良いでしょう。
北海道で獲れたダイコンやジャガイモ、ニンジンといった野菜を保存処理されたニシンやシャケでとった出し汁でコトコトと煮込みます。
保存処理された魚は塩辛く、出汁も出ていますからあえて調味料を加える必要はありません。
北海道では現在でも給食で出されるほど一般的な郷土料理です。
道南地方を中心にイカ漁が盛んな北海道では、イカを余すことなく使った郷土料理が根付いています。
イカソーメンやイカメシといった強度料理は有名ですよね。
イカの内臓を輪切りにしたイカに詰めて押し寿しのようにして食べるイカゴロルイベも、

イカを昔から食べてきた北海道で生まれた郷土料理です。
北海道の郷土料理居酒屋を訪れた際には、ご紹介したようなメニューをぜひご堪能ください。

 

難波の個室居酒屋 花凛-karin-