ビールと枝豆のルーツ

暑い夏に、ビールと枝豆の組み合わせは最強だと思っている人も多いですよね。
事実、居酒屋でもビールと枝豆の組み合わせは、鉄板の人気メニューです。
 

 

しかしなぜ、ビールに枝豆の組み合わせが定番になったのでしょうか?
枝豆が選ばれるのには、理由があります。
それは枝豆が、二日酔い予防に効果的な食べ物だからです。

 

枝豆に含まれるタンパク質は、
アセトアルデヒドという二日酔いの原因である成分を体内で分解してくれます。
また枝豆はアルコールの分解も助け、肝臓への負担を減らしてくれる働きもあります。

 

そもそも枝豆は、非常に栄養価が高く、カルシウム、鉄分、
ミネラル、ビタミンB1、B2、Cも豊富に配合されています。

 

そして枝豆は、茹でてもさやで守られているため、栄養価が損失しない、
栄養価が高いままで食べる事が出来るのです。

 

お酒を飲むと、タバコも一緒に吸いたくなるという人も少なくありませんよね。
枝豆はタバコにも、いい効果をもたらします。

 

タバコを吸う事で、破壊されてしまうビタミンCを枝豆なら、効率よく補給する事が出来るのです。
ビールと枝豆の相性が、栄養面で抜群だという事は理解してもらったと思います。

 

しかし、それに加えて、居酒屋で人気になった理由は、店舗側の理由も含まれています。
枝豆な冷凍しても栄養価を失いません。
そのため冷凍枝豆をそのまま茹でる事が出来、
コスト管理、在庫管理に適していると言えるでしょう。

 

また他のメニューと比べて、手間がかかりません。
「とりあえずビール」というお客様に、すぐにおつまみも一緒に提供する事が出来ますよね。