中華料理の歴史

中華料理といえばすっかり日本人になじみの深い料理として定着しています。
本場の中華料理のメニューではありませんが、餃子は家庭でも作る人気おかずの一つですし、
他にも中華料理のメニューを家庭で作ることも多くあります。

 

中華料理の歴史についてみてみると、
昔の中華料理は今私たちがよく知っている中華料理とはかなり異なるタイプのものでした。
今私たちが中華料理の調理法としてよく行っているのが
揚げる、蒸す、焼くですが、
当時の中華料理は煮込み、直火焼きといった調理法を用いたメニューが多く見られたのです。
また今中華料理ではあまり見かけることがありませんが、
昔の中華料理では日本のお刺し身のように生で魚や肉を食べるメニューが存在していたのです。
現在中華料理の調理法として定番となった強い火力で行う調理法に関しては、
北宋の時代から取り入れられるようになったと言われています。
その後中華料理は世界各国の食材や調味料を取り入れて独自の進化を遂げていきます。
中華料理の定番メニューである麻婆豆腐には、唐辛子が欠かせない香辛料ですし、
青椒肉絲に使われているピーマンも欠かせない野菜なのですが、
それらが中国に伝わってきたのは16世紀以降でした。
そして広東地域でよく使われているオイスターソースに関しては、20世紀前後に普及したものです。
中華料理といえば大皿に料理が盛られてそれをみんなで取り分けて食べるスタイルが一般的ですが、
フランス料理のように一人分を順番に提供するスタイルもあります。

 

隠れ家 個室 ダイニング 陣-ZIN- 川崎東口駅前店